歯周病の原因は?歯医者さんに相談して予防しよう

歯周病を予防する方法とは?治療についてもピックアップ

歯周病の原因を特定しよう

歯周病と虫歯は太古から人々を悩ませてきたと言われていて、旧石器時代から存在しています。近年の研究では猿人の時点では、歯周病が見つかって大きな反響を呼びました。歯周病が生まれたきっかけは人類が火を使う様になり、これまでの食生活から一変した為といわれています。それまでは生のままで食べていたので、硬いものが多く調理という概念もありませんでした。

しかし火を使う様になってから食事の幅が広がり、次第に人類は硬いものではなく柔らかいものを好む様になりました。柔らかいものは歯と歯の隙間や歯茎との隙間に入りやすく、歯周病の原因になります。人間だけでは無く犬や猫の食生活も変わってきていて、それに伴い歯周病が増えているといわれています。

古代エジプト時代では既に歯周病はポピュラーな病気と呼ばれていて、特に王族は歯周病で命を落とす事が多くありました。当時のミイラをX線写真で撮影すると歯を支える骨である歯槽骨が溶けてなくなっている。既に歯が抜け落ちている。そこまでは行かないけれど、歯がグラグラになっている状態が多々ありました。医学が発達するまで、人の寿命は30年ほどでしたが、これは歯周病が大きな原因になっているのです。

虫歯に関しては砂糖が庶民に浸透した産業革命後から爆発的に増えています。今、私達が自由な食生活をしているにも関わらず安心して生活出来るのは、歯学が大きく発達した為です。とはいっても歯周病はまだ私達を脅かす存在でもあるのです。

TOPへ戻る