歯周病を予防する方法とは?治療についてもピックアップ

>

太古からある歯周病

なぜ歯周病になってしまうのか?

虫歯や歯周病。誰もが一度は聞いた事のある疾患ですが、なぜこれらになってしまうのでしょうか?歯周病の主な原因はプラークと呼ばれる歯に付着した汚れが原因と言われています。

プラークは細菌の塊で酸素の無い場所を好み、歯と歯茎の間などに入り込み、毒素を輩出します。その毒素によって口腔内環境が悪化し、歯周病となります。国内に住む成人の8割は歯周病を患っていると言われていて、食生活や生活習慣が深く影響しています。ちなみに一度歯周病菌が口腔内に付着すると、ゼロにする事は出来ません。

正しいケアをすれば悪さをしませんが、何らかの理由で免疫力が低下する。または口腔内の環境が悪化すると、様々な症状が出てきてしまいます。

身近な原因に注意しよう

歯周病の原因は口腔内環境の悪化、生活習慣や食生活と説明しましたが、具体例を説明しないとピンと来ません。口腔内環境を悪化させる原因としては歯石や歯に合っていない詰め物、乱杭歯などの歯並び・かみ合わせの問題があります。これらは自分ではどうしようも無いので、歯医者へ相談の上リスクを除去して下さい。

あまり知られていませんがストレスや睡眠不足も歯周病を悪化させる原因の一つです。特に喫煙は血管を萎縮させて、一時的に血行不良を起こします。その為口腔内環境が荒れやすくなり、歯周病菌が悪さをしやすい環境を作ってしまうのです。

他にも柔らかいものばかり食べる。遺伝や肥満・ホルモンバランスの乱れなども歯周病を引き起こすリスクになります。


TOPへ戻る