歯周病を予防する方法とは?治療についてもピックアップ

>

自分で出来る歯周病予防

歯磨きで歯周病防止

怖い歯周病を予防するにはとにかく歯磨きに気をつける事です。歯と歯茎に入り込んだプラークが毒素を出して悪さを行うので、このプラークをしっかり除去するのが一番の予防です。

ただ歯に歯ブラシを当てるのでは無く、歯茎の間に入れる様にして斜めに磨くと良いです。軽い力で小刻みに動かしてベストです。歯茎周りをうまく磨けないのであれば、専用の小さなブラシを使うのも賢い方法です。歯の隙間は思っている以上に汚れているのでフロスやジェットウォッシャーを使って汚れをかき出す。プラークの発生を抑えるマウスウォッシュを使ってケアするのも良いです。

これらを毎日のルーティンにすれば、今よりも歯周病がグンと治まるのでは無いでしょうか。

切開・再生治療がメイン

歯周病レベル1であればプラーク除去を定期的に行うだけでも、歯周病は良くなります。合わせて歯石の除去も行い、口腔内の環境を維持します。

しかしレベル2・3と進行していくとプラーク除去だけでは無く外科治療が必要です。歯と歯茎の溝が深くなりすぎてしまう。またはそのポケット内に細菌が入り込んでしまった場合は、どの部分を切開してポケットを浅くします。歯周病菌が顎の骨まで溶かしてしまった場合は、その骨を復元させる再生療法を行う場合もあるので既に進行してしまった場合も諦めないで下さい。

但しこれらの治療を終えたからといっても定期メンテナンスが必要です。歯周病が悪さをしない様にしっかりと向き合っていかなければなりません。


TOPへ戻る